練習兼ねてチョイ林道アタック

スポンサードリンク
先週の休日、久しぶりにコージさんとにそうめん滝裏に林道ツーリングに行きました。
セローで林道ツーリングするのは楽しいです。コージさんはここは初めてのトライになりますので、意気揚々と行きました^^
しかし、結構手こずってバテバテのゲロ・アタックになってしまいました。すみません。

本当は軽く肩慣らしのつもりでしたので先ずは、市川の土手で斜面のターンなどして練習してから行きました。
傾斜とガラ石で苦戦されてたようです。多分この時点では2度と来るまいと思ったことでしょう^^@
自分もそういうときが何度もありましたが、林道(獣道)走るには、何度も繰り返し慣れるしかないでしょう。

DVCkoji1r.jpg

バテバテのゲロ・アタックツーリングと化した為、かなり疲労困憊している様子・・・
でも頑張ってセローを押してでも林道を突き進んでいます。
なかなか辛い思いをされたのですが、石がゴロゴロしたガラ場林道を走破するには・・・

●リズミカルに走る。
●スタンディング・スタイルで走る。特にガラ場石の有る場所はハンドルは引き気味に。
●体が遅れないように、前に前に行く事を意識してバランスよく走行。
●セローのハンドル位置は大事です。意外と手前になっているケースが多いです。ハンドル位置は地面に垂直気味にセット。
●空気圧が高いと前輪などは石に当たったときに跳ね回ります。つまりハンドルが振られます。リアはグリップ力が落ちます

鉄馬1号=HONDA TLR−200Rで行きました。
このTLR−200は軽量化やディスクブレーキを装着してます。

tetu1r.jpg


障害物にセローの前輪が当たると、セローはストップして思わず足が出ます。

●セローで障害物を越えるには、前輪をクラッチ操作とアクセルワークで浮かして通過させます。
●このときに、体が遅れないようにセローのハンドルをおへその辺りに引き付けます。
●もちろんセローの座席に座らず、ステップに立ってスタンディング・スタイルで乗ることです。

koji2r.jpg


転倒の際にセローのリア・フェンダーが取れてしまいました。(ねじハズレ)

koji3r.jpg

どうですか?
走ってみたい?
林道ゲロアタックになりそうですが、セローでは少々きついかな^^@
でも、慣れれば楽しいですよ。
ではでは・・・
この記事へのコメント
はい!
走りたいです!
Posted by Akky at 2008年03月24日 00:32
Akkyさん
ご無沙汰どえす^^@
北海道もようやく走れそうな感じですね。
走りましょう^^
Posted by tetsu at 2008年03月24日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Dscf0063-left2.jpg 気に入ってたTY-125!先日、売ぱらっちゃいました(涙)
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。